小学生中学生の夏休み自由研究は海の博物館がおすすめ!その理由とは?~2児ママ体験ブログ画像あり~

小学生中学生の夏休み自由研究は海の博物館がおすすめ!その理由とは?~2児ママ体験ブログ画像あり~

わが家がよく行く家族旅行で、千葉県勝浦市にある“海の博物館”が、子供の夏休み自由研究のテーマ決めにぴったりなので、ご紹介します。

海の博物館の隣には、勝浦海中公園があり、小さいですがお土産屋さんもあるので、子供がお友達にお土産を買うこともできます。

近くに海水浴場もたくさんあり、夏休みの家族旅行ついでに、雨や台風で海に入れない時にもおすすめです。

しかも入場料は、中学生以下無料!
大人も200円と、入場料が安いのも嬉しいですね。
節約旅行にもぴったりです。(笑)

それではわが家のクチコミレビューを写真と共にご紹介しますね。

千葉県勝浦市“海の博物館”とは?

海の博物館ご案内
千葉県勝浦市“海の博物館”は、千葉県立中央博物館分館です。
千葉県立だから入場料が安いのにも納得です。

かつうら海中公園のお隣、海の博物館は、
「房総の海の自然」をテーマとした自然誌博物館です。

公式ホームページより引用

千葉県勝浦市“海の博物館”までのアクセス

住所:千葉県勝浦市吉尾123
電話:0470-76-1133
開館時間:9:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日:毎週月曜日、年末年始
駐車料金:普通車2時間まで200円

詳しくはこちら>>海の博物館の基本情報・周辺地図【楽天トラベル たびノート】

“海の博物館” 館内レビュー

千葉県勝浦市にある海の博物館
春休みに行ったのですが、ちょうど「千葉県エビ・カニ大集合」をやっていて、看板がありました。

千葉県エビ・カニ大集合

これに娘が意外にも?反応して大興奮していました!
そのわけは最後まで読んでいただくとわかります(笑)
駐車場からみた海の博物館入口付近

中はそんなに広くないですが、展示室と研究室があります。
パンフレットに施設内の地図がありました。

パンフレット

今回はその研究室で、「エビ・カニ大集合」しているので、まずは研究室から観ることに。
海の博物館の研究室入口

入ってみると、エビ・カニの標本がずらり!
エビ・カニの標本

こちらは、ヤドカリの中身!
こんな風になっていることを初めて知り、私が大興奮!!(笑)

ヤドカリの中身

研究室を見た後に、隣の展示室に入りました。
展示室もまた、標本などが色とりどりに並べられ、見た目にもきれいで色々興味が湧きました。

鳥と魚

勝浦に生息する海藻も、海でよく見かけるので、名前などがわかります。
海藻

勝浦で採れる貝の種類も展示されています。

貝の種類

夏休みの自由研究テーマとして

興味を持った箇所から、夏休みの自由研究テーマを決めましょう。
各展示箇所に、詳細な説明が載った紙が設置してありますので、テーマが決まったら必ず持ち帰ることをおすすめします。

例えば小学生・低学年の1年生や2年生だったら、磯遊びで貝を拾ってきて、種類を調べるという自由研究テーマができます。

拾ってきた貝

小学生・中学年の3年生、4年生なら、エビ・カニの標本を見て、思ったことや感じたこと自由研究テーマができます。
(私みたいにヤドカリの中身に大興奮したこととか(*‘∀‘)!)

小学生・高学年の5年生や6年生、中学生なら、海藻の種類、その海の歴史などの自由研究テーマができます。

こんな感じで、夏休みの家族旅行を兼ねて自由研究のテーマも決まる!という、夢のような節約旅行プランが出来上がります。

お土産は勝浦海中公園にある売店で買えます

海の博物館を楽しんだ後は、お土産も忘れずに買いましょう。
お土産屋さんは、海の博物館から狭い道路を隔てた向かい側にあります。

写真右の建物の1階に、売店があります。

かつうら海中公園

左側が、かつうら海中公園・海中展望塔です。

勝浦海中公園・開通展望塔についてはこちらの記事で紹介しています。

勝浦海中公園周辺の磯遊びと海中展望塔の楽しみ方~2児ママの体験ブログ~
わが家は年に何度も千葉県勝浦市に旅行に行きます。ドライブで気軽に行きやすく、海の透明度が非常に高くてきれいで、おすすめエリアです。小さいお子さん連れでも楽しめる、かつうら海中公園周辺の磯遊びと海中展望塔の楽しみ方についてご紹介します。

中はこじんまりした売店ですが、お土産が色々並んでいました。
売店のおばちゃんが見ていたので、1枚のみしか撮れませんでしたが、写真は売店入った右手にあるほんの一部です。

売店内

売店入って左側には、壁際に沿って300円~1,000円のキーホルダーやボールペンなどが並んでいました。

娘たちは、自分とお友達に、誕生石やイニシャル別のキーホルダーをいくつか選び大満足!
ちなみにお支払いは現金のみでした。

さいごに

子供の夏休み自由研究は小学生の低学年・中学年・高学年・中学生も千葉県勝浦市“海の博物館”が、テーマを決めるのにぴったりで、家族旅行も一緒に楽しむことができるということをご紹介しました。

訪れた海や地域にどんな生き物が生息しているのか、どんな歴史があるのかを知ることになり、子供たちにとっても、私たち大人にとっても、とても良い経験になります。

標本もたくさんあり、これらは100年以上前から地元の学校で、歴史を受け継いでいくために作られていたそうです。
そういった海の博物館への思いにも感服しました。

ちなみに娘は、ニンテンドースイッチのあつまれどうぶつの森、いわゆる“あつ森”をやっていて、そこにたくさんの海の生き物がいるので、興味を持ったようです。

あつ森万歳!!(笑)

周辺のおすすめ情報、わが家の節約旅行などについてはこちらの記事で紹介しています。
よろしければご覧ください。

千葉で磯遊びで超綺麗な海の穴場は鵜原海水浴場!長年通うママ体験ブログ

鵜原理想郷と一年中楽しめる鵜原海岸の魅力!子連れ旅行好きママの写真付き体験ブログ

夏休みの旅行予約はいつから?家族旅行の宿泊費を節約する術を伝授します!

自炊グッズで二泊三日子連れ格安旅行!節約できるのはいくら?実際の写真と金額を公開!

ヒルナンデスで紹介された千葉・安田農園のメロン狩り!料金は?予約方法は?味は?わが家のクチコミレビュー

わが家の旅行が参考になれば嬉しいです。

詳しくはこちら>>海の博物館の基本情報・周辺地図【楽天たびノート】

コメント