車の子連れ家族旅行を快適に過ごす便利なグッズをおしゃれに揃えるアイデア8選!~画像あり~

車の旅行便利グッズ

子連れ旅行はただでさえ物が多く、カラフルなものが多いので、狭い車の中では圧迫された空間になってしまいますよね。

今回は車内で快適に過ごす便利なグッズやおしゃれに揃えるアイデアを、小学生ママの私が実体験をまとめました。

特に、小さい子供がいても、車の中で便利で心地よく過ごせておしゃれに長く愛用できるグッズを厳選して紹介します。

どれもリーズナブルなグッズですが、とても使いやすく長く使い続けることができ、車だけでなく、家の中でも使える便利アイテムを揃えました。

≪車で行く子連れ家族旅行の時に、快適に過ごす便利なグッズ≫

  • フィットするネッククッション
  • くるくるたためるネックピロー
  • 天使の無重力クッション
  • クッション付きテーブル
  • ジュートエコバッグ
  • ポータブルスピーカー
  • モバイルバッテリー
  • ブースターシート

それぞれ、写真付きでご紹介しますね。

車の便利グッズをおしゃれに揃えるコツ

車の便利グッズをおしゃれに揃えるコツは、シンプルな色合いにすることです。

子供が小さいうちはいいのですが、成長してくるに連れ、子供たちも大人も落ち着いた色合いが好まれるようになってきます。

カラフルな物で飽きてしまい、買い替えたくならないように、長年使い続けるには、黒やグレー、ネイビーなどシンプルな色合いのものをおすすめします。
白は汚れたり、変色する場合もあるので、ダーク系がおすすめです。

私は主に、無印良品をおすすめします。

以前は百均で買ったものもあったのですが、長持ちしなかったり、カラフルで飽きたりして、ほぼ無印良品で買い替えています。

無印良品は、リーズナブルで定番商品であれば何年も販売されているので、壊れた時にも買い替えが可能だからです。

その中のおすすめをご紹介します。

フィットするネッククッション(無印良品)

その名の通り、首に巻いて心地よくフィットするクッションで、子供たちが寝る時にぴったりです。
税込み 1,490円(2022年5月現在)です。
わが家は娘2人いるので、2つ買いました。

中がビーズクッションになっていて柔らかいです。

長さは調節でき、緩めにすれば首を絞めつけすぎず、子供にも安心して使えます。

カバーは取り外して洗えるので、衛生的にもおすすめです。
以前は、空気を入れて膨らませるタイプも使っていたのですが、毎回面倒になり使わなくなりました。

使わないときには、クローゼットの中のS字フックにひっかけて収納しています。

くるくるたためるネックピロー (無印良品)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【無印良品 公式】くるくるたためるネックピロー黒・約27×58cm
価格:2990円(税込、送料別) (2022/5/1時点)

楽天で購入

 

 

こちらは、縦半分に折るとネックピローにもなるのですが、主に私は全部広げて車のシートに背もたれとして使っています。

その名の通り、くるくる畳めて持ち運びに便利です。
薄いのですが、しっかりと背中と腰をサポートしてくれて快適です。

収納するときはくるくるまいて、

最後にボタンで留めます。

収納用のネットがついています。

ネットに入れると、持ち運びはコンパクトになり、移動にも便利です。

これらが無印良品のおススメグッズでした。
その他以外にもおススメグッズがありますので、ご紹介します。

天使の無重力クッション (宝島社)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天使の無重力クッションBOOK power up ver. [ 福辻 鋭記 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/5/1時点)

楽天で購入

 

 

車の座席にはこちらを敷きます。
いわゆる卵が割れない?!という噂のクッションで、長時間乗ってもお尻が痛くならないのでおススメです。

カバーも付いていて、取り外して選択できるので衛生的です。
テレビCMで見て即購入。(笑)
カバーが黒なのも気に入りました。

背もたれと一緒に、こんな感じに敷いています。

車内で食べる時に便利なアイテム

テーブル付きクッション

 

子供が小さいと、車の中で何かを食べる時に重宝するのが、テーブル付きクッションです。

わが家のものは、元々家の中で使っていたもので、ホームセンターで購入しました。
食べ物・飲み物が子供の膝の上でもフラットに置けて、安定します。

わが家のテーブル付きクッションには長細い穴が開いていてタブレットも置けます。
こちらはアイパッドですが、スマホなら横置きもできます。
テーブル付きクッションは、逆さまにしてビーズクッションの上にタブレットを置くことがもできるので、テーブルに穴がないタイプでも大丈夫です。

A4サイズのジュートバッグ(無印良品)

こちらはまた無印良品で、私が愛用しているのはジュートバッグです。
サイズはA6、B5、A4、A3の4つありますが、飲み物や軽食、お菓子などちょっとしたものを入れるのには、A4サイズがちょうどいいです。

A4サイズは税込み250円(2022年5月現在)で、とってもリーズナブルなのに、頑丈です。
特にマチがあり、底がしっかりしているので、車で揺れても倒れることがなくお役立ちな超便利アイテムです。
普段は家の中でも使用しています。

【 プラスα 】車の便利アイテム

ポータブルスピーカー

 

車に搭載されている音楽機器は、レンタカーの場合、仕様が様々です。
ラジオを聞いていても、山の中など聞こえなくなる場合があります。

ポータブルスピーカーは車の中でいつでも音楽が聴ける便利アイテムです。
わが家の場合、使わなくなった古い携帯に音楽を入れていき、Bluetoothでポータブルスピーカーにつなげて音楽を聴いています。

わが家はこちらの黒を使っています。
コンパクトでかわいいし、音質も良く、家ではお風呂の中で使用しています。

モバイルバッテリー

 

レンタカーの場合、古い車種だとシガーソケットだったり、USBケーブルがある場合や、ない場合もあります。
もちろん車の中で充電できれば、それに越したことはないのですが、全てのケーブルを用意していくのは大変ですよね。

わが家の場合、基本的には、旅行前に充電を済ませ、それでも足りなくなったら、モバイルバッテリーを使用します。

モバイルバッテリーは大容量の薄型タイプがおすすめです。
ケーブルも忘れずに持って行ってください。(笑)

ブースターシート(背もたれがないチャイルドシート)

 

わが家はレンタカーを借りるので、チャイルドシートは別料金になります。
4歳くらいまでは、がっちりしたチャイルドシートやジュニアシートを借りることもありましたが、
4歳くらいになると、ブースターシートを使うようになりました。

ブースターシートとは、背もたれがないチャイルドシートのことで、子供がシートベルトを正しく着用するために、座面を高くするシートです。

レンタカーだとこれらはオプションで有料になります。

ブースターシートは、2,000円台から購入できます。

わが家は旅行の回数が多いので、ブースターシートを買った方が節約になるため、2つ持っています。
格安レンタカーでも、1回500円くらいするので、二人分だと1,000円です。
ブースターシートを2個買っても4000円程度で、4回行ったら元が取れて節約になるのでおすすめです。

さいごに

わが家の実体験をもとに、車の子連れ家族旅行を快適に過ごす便利なグッズをおしゃれに揃えるアイデアをご紹介しました。

以下も車の旅行にあれば便利なグッズです。

バスタオルやフェイスタオルは、車内で寝てしまった時にブランケット代わりにもなり、海に足を浸かったり、急な水遊びにも便利です。

保冷保温蓋つきタンブラーやマグカップは、飲み物を途中で買った時に入れ替えて使えば、保冷保温が保てます。
車の中なので、こぼしたら大変!フタつきが絶対条件です。(笑)

ウエットティッシュやティッシュボックス、スーパーのビニール袋も必需品ですね。

これらがあれば、車での移動が快適で楽しい旅になることは間違いなしです(*^-^*)

わが家は狭小住宅で駐車場スペースを作ることができないので、車は格安レンタカーを借りて、自炊して節約しながら子連れ家族旅行を楽しんでいます。

こちらの記事もよかったらご覧ください。

自炊グッズで二泊三日子連れ格安旅行!節約できるのはいくら?実際の写真と金額を公開!

わが家の旅行が参考になれば嬉しいです。

コメント