夏休みの旅行予約はいつから?家族旅行の宿泊費を節約する術を大公開!2児ママの体験ブログ~画像あり~

夏休みの旅行予約はいつから家族旅行の宿泊費を節約する術を大公開2児ママの体験ブログ画像あり

夏休みの旅行プランはもう立てましたか?

毎年、特にお盆休みは急がないと、どこもすぐ予約が取れなくなってしまいますよね。
そしてとにかくどこも高い!!!

私も毎年悩みながら旅行プランを立て実行を繰り返し、試行錯誤してきました。

その結果、家族旅行の宿泊費を節約する術を編み出しました!

それは、『2ヶ月前に素泊まりの宿とレンタカーを予約する』ことです。

わが家は海が大好きなので、海のある場所に行きたいのですが、毎年いつから予約するのがいいのか、どの宿を選べばいいのか、悩んできました。

でも、2ヶ月前に素泊まりの宿を決めて、まず予約することで、そこから家族旅行プランを宿泊費から節約して、計画を建てることができるようになりました。

今では、迷わず2か月前に宿とレンタカーの予約を完了させて、家族旅行の宿泊費を節約しています。

それでは、夏休みの旅行予約は2ヶ月前がベストな理由と、家族旅行の宿泊費を節約する術をお教えしますね。

  

旅行の予約はいつから?どのプランを予約する?

私はまず、じゃらんで、2ヶ月前素泊まりプランを予約します。

2ヶ月前の理由は、泊まりたい宿が予約できるようになるのが大抵2ヶ月前なのと、素泊まりにするのは、宿泊費を節約するためです。
一泊二食ついていると一気に宿泊費が高くなるので、食事はつけません。

また、予約する時期については、今までの経験上とにかく早めに予約しようと思って、2ヶ月以上前に探したこともあります。
でも行きたいエリアに素泊まりプランで予約開始している宿が少なく、だいたい2ヶ月前から予約開始する宿が多いということに気づきました。

でも1ヶ月前では、希望する宿の予約は埋まってしまいますので、2ヶ月を切ったときがベストです。

ちなみに、私の考察はあくまでも、お盆休みなど繁忙期に、素泊まりプランのある安い宿、ということです。

(一般的なホテルなどは、330日前から予約可能なところが多いですが、私が求める宿とは異なります。)

夏休みのお盆休みなど特に混んでいる繁忙期でも、2ヶ月前ならたいてい希望の宿が見つかります

例えば夏休みのお盆休みが、8月13日~15日で、二泊三日の旅行をしたいと思ったら、6月13日から予約するということです。

家族旅行の宿泊費を節約する宿の選び方

わが家は家族旅行の宿泊費を節約するために、基本的に自炊をするので、素泊まりプラン、または付けたとしても、朝食付きプランの宿を選びます。
朝食付きしかない場合や、素泊まりとそれほど値段が変わらないときは、朝食付きにする場合もあります。

繁忙期だけ営業している民宿やペンションは、じゃらんだけに登録していることが多いので、まずはじゃらんで探します。

コンドミニアムは1部屋でのプランが多いですが、キッチンがついていたりして高くなってしまうので、民宿やペンション、地元のこじんまりしたホテルがおすすめです。

わが家は東京都内に住んでいるので、レンタカーで行ける千葉や伊豆などの海がある場所を選びます。

必要な設備のポイントとしては、

・冷蔵庫
・バス・トイレ
・エアコン
・駐車場

があるところです。

冷蔵庫とバス・トイレは部屋にあればベストですが、お値段優先のため、共有でもOKです。

また、洗濯機と外に洗濯物干しがあれば尚よく、海に近い宿にはついている場合が多いです。

レビューは、施設の設備の状態や持っていくといいものを確認するため以外は、あまり参考にしません。
その他のことは、人によって感じ方が様々で、全部読むと迷いが生じて選べなくなるからです。

今まで行った宿の中で、後悔する宿は一つもなかったので、自分の感覚を信じています。(笑)

二泊三日以上の場合、移動が大変なので、同じ宿に連泊することが多いですが、二泊三日でも一泊ずつ予約をすることをおすすめします。

なぜなら直前になって、子供の体調や状況によりキャンセルをしなければいけないときもありますよね。
一泊しか泊まれなくなった場合や、もう一泊目を別の場所にしたくなった時なども、二泊連続でとっていると変更方法が複雑になります。

一泊ずつにしていれば、都合が悪くなった一泊分だけキャンセルすればよく、効率的だからです。

実際に予約した画面がこちら↓

1泊目の予約

2泊目の予約
2日目の予約

こちらは千葉県勝浦市付近の民宿でした。
ちなみに、この宿は一日ごとに金額設定も微妙に違いました。

私が泊まりたい相場は、家族4人で1泊 15,000円~20,000円です。
(大人2人と、子供は小学生2人)

2ヶ月前に素泊まりプランならこの金額で見つかるんです。

これをもし一泊二食付けたら、大人一人の料金ですよね。
でも、素泊まりで2ヶ月前から取れば、4人分の宿泊代になるということです!

それから、万が一のキャンセルの為に、キャンセル料のリスクをなるべく回避するためには、キャンセル料が発生する期間が短い宿を選びます。

キャンセル料が発生する日数と料金については、宿によってまちまちで、1週間前からというところが多いです。

私は、同じような条件の宿で選ぶなら、キャンセル料が発生する日が4-6日くらいのところを選びます。

ぜひ、じゃらんで好きな場所で検索して、2ヶ月前に予約してくださいね!

食事選びのコツ

素泊まりの場合、夕飯をどうするか悩む場合もあるかと思います。

わが家は自炊グッズを持っていくので、部屋の中で調理も可能ですが、海など水に入ると疲れて自炊さえしたくないときもあります。

そんな時のために、歩いていける距離に飲食店がある、というのも1つのポイントです。

近くに飲食店がある場合、施設の説明の中に、「近くに飲食店あり」と書いてあるところが多いです。

書いていない場合や、不明な時は、google map などで、近くにどんな店があるか、見ると参考になります。

民宿には、1階が飲食店で、2階を宿泊施設にしているところもあります。
わが家は1階が中華料理店のところに二泊三日で泊まったことがあります。
その時の夕飯は、一泊目は自炊、二泊目は中華料理を食べる、といった感じにしました。
外食も、一泊二食を4人分つけるよりは格段に安いです。

飲食店がなければ、宿に行く前にスーパーに寄って、お弁当を買うという手もあります。

他に、バーベキューができる宿もあるので、食材を買ってバーベキューをやるのもおすすめです。
こちらが、わが家がバーベキュープラン+朝食付きの宿を予約したときの実際の金額です。
バーベキューの場所代が入るので、ほんの少し高い感覚ですが、それでも朝食も付いてこのお値段です!

バーベキュープラン朝食付きの金額

バーベキューは夏休みならではの醍醐味でもありますよね!
外でめちゃめちゃ暑かったですが、子供たちにとっても楽しい思い出になりました(*^-^*)

バーベキュー

繁忙期の民宿は、夕食はなく素泊まり、または朝食付きプランのみのところも多く見かけます。
朝食付きプランの宿は、朝食が豪華な場合もたくさんあります。

今まで泊まった朝食付きプランの写真です。
朝食の様子1

朝食付きは、二食付きより格段に安いので、何もしたくないというときは、朝食付きを選ぶのもアリです。
このお値段で、こんな豪華な朝食でいいの?という宿が多いです。

朝食の様子2

ここはお重が一人ずつに頂ける形でした。こういうのもいいですね。

朝食の様子3

さいごに

わが家の夏休みはお盆休みにしか休めないので、素泊まりの良い宿を予約を2ヶ月前に予約するのがベストということを今回はお伝えしました。

わが家はマイカーを持っていないので、格安レンタカーを借りて行きます。

格安レンタカーについては、こちらの記事をご覧ください。

格安レンタカーか大手レンタカーか?ニコニコレンタカー2泊3日の金額を公開!
都内狭小住宅に住んでいるわが家は、家族旅行に格安レンタカーの一つ、ニコニコレンタカーを長年利用しています。2泊3日で大手レンタカーより、いくら節約できるか、実際の値段で検証。さらに、ニコニコレンタカーってどうなの?という疑問を楽しく解説します。

わが家が持っていく自炊グッズや、自炊のメニューについては、こちらの記事をご覧ください。

自炊グッズで二泊三日子連れ格安旅行!節約できるのはいくら?実際の写真と金額を公開!
炊飯器とホットプレート持参で素泊まりプランを楽しむ格安旅行のやり方を写真付きで紹介します。子連れでも気兼ねなく楽しめる簡単で節約できるわが家の家族旅行を写真付きで解説。現地スーパーで買い物して、子供も一緒になって楽しめて一石二鳥な自炊プランです。

素泊まり宿+自炊+格安レンタカーで、食事をつけるよりも格段に安く、楽しめて、思い出に残る旅行になります。

海もいいですが、千葉なら雨でも行ける一年中メロン狩りができる安田農園も超おススメです!

ヒルナンデスで紹介されたメロン狩りの安田農園については、こちらの記事をご覧ください。

ヒルナンデスで紹介された千葉県・安田農園のメロン狩りを子連れママが口コミレポート~画像あり~
日本テレビのお昼番組、ヒルナンデスのバイク旅で、千葉県に一年中メロン狩りができる安田農園が紹介されていたので、行ってみました。おいしくて大満足だったので、予約方法・料金・行き方・感想・わが家のクチコミレビューを写真付きで詳しくレポートします。

他にもおすすめの場所や楽しい節約方法はたくさんありますので、少しずつ紹介していきますね。

わが家の旅行が参考になれば嬉しいです。

コメント