ホットプレートの節約レシピ!ゆでる手間なし夕飯パスタの超簡単時短テク

ホットプレートのレシピで夕飯にパスタを作ったことありますか?

私はホットプレートでパスタをゆでられることすら知りませんでした。

実際作ってみたら超簡単で、しかも子供が安全にお手伝いしながら作れるんです。

私が使っているホットプレートは、象印のSTANというシリーズです。
私のおすすめしたいポイントは、やきやきもできるし、ホットプレート自体が深さ4cmの深皿なので、汁物も全然いけるということ!

 

だから、パスタもゆでられるんです~
そして大きいから、曲げなくてもそのままズドーンと入れればいいだけ!

このワザを知ったときは、な、な、なんて楽チンなんだー!と目からウロコでした。(*‘∀‘)

さらに、片付けるときは全部外せるので、超洗いやすいんです!

では、それぞれ写真付きで詳しく解説していきますね。

ホットプレートの節約レシピ!ゆでる手間なし夕飯パスタの超簡単時短テク

使った食材はこちら(家族4人分)

以下、食材とだいたいの金額(税抜き)

・パスタ 300g(ゆで時間7分)100円
・ウインナー2袋 300円
・キャベツもやしミックス 100円
・カレー鍋つゆの素(30%OFFで)270円

合計 770円

一人当たり 約 192円(税抜き)、212円(税込み)

【作り方】

1. カレー鍋の素と水400ccをホットプレートに入れてフタをします。(温度は250度)

2. 約4分程でフタから湯気が出てきたら、パスタと具材を全て入れます。

3.再度フタをして、5分程したらフタを開けます。

4.お箸やトングでかきまぜながら、さらに2分程ゆでます。

5.完成!(トータル約11分)

うっかりお皿に載せた写真を撮り忘れました(汗)

このあと子供達も大喜びで、ホットプレートから自分でよそって、おいしそうに食べていました。

子供に具材を入れてもらったり、つんつんお箸でかきまぜてもらえば、
子供達も楽しく夕飯を待つことができて、その間にお皿などを用意すれば一石二鳥!

煮詰まってしまったら途中で、お湯を少し足してもいいです。

ホットプレートのレシピで夕飯にパスタを簡単に作れることも驚きでしたが、なにより、パスタ自体がめちゃくちゃおいしくなるんです!
ゆで汁がまるまる入っているので、モチモチな触感になり、汁がパスタに絡みまくっておいしさ倍増しますよ。

カットされた野菜を買ってくれば、具材を切る必要もなし!

本当に簡単なので、ぜひ一度お試しください。

ホットプレートを子供が安全に使える

このホットプレートを覆っている本体ガードは、ホットプレートのふちに、直接手が触れにくい構造になっています。
ホットプレートと本体ガードに隙間があり、本体の外を触っても熱くならないので、子供にも安心・安全な設計になっています。

ホットプレートのおすすめは洗いやすいこと

昔のホットプレートや、簡易的なホットプレートは、コンセントがくっついていたり、
プレートを取り外せなかったりするものもあります。
取り外せないと、キッチンペーパーで拭きとっても、焦げ付きやこびりつきがうまく取れなかったり、不衛生ですよね。

このホットプレートは、それを覆っている本体ガードと共に、それぞれ取り外しができ、水洗いができます。
そんなわけで、このホットプレートのおすすめポイントは、とても洗いやすいことです。

写真でそれぞれご紹介しますね。

ホットプレートを外すところ↓

 

下の電熱線、コンセントも外れます↓

外したらこんな感じ↓

左から、本体ガードと電熱線

ホットプレートを洗ったところ↓

何度も使っていますが、キズは多少あるものの、焦げ付きはありません。

 

ちなみに電源コードは、温度が「250℃、140℃、保温、切」と書いてあり、わかりやすいです。

また、2.5mtと十分な長さで、コンセントから届きにくい場所でもストレスなく届きます。

わが家はコンセントまでの距離が短いですが、電源コードからコンセントは、こんな感じになっています。

さいごに

疲れて今日は夕飯を作りたくない、なんて時、沢山ありますよね。
私はほぼ毎日です。(笑)

でも子供はおなかをすかせて待っている。。
どうしよう、なに作ろう、、

そんな時にはこのホットプレートが大活躍!
私の子育て生活には超頼りになる相棒です。

私が使っている象印STANはこちら

 

私のレシピがご参考になればうれしいです。

コメント